本文へスキップ

モラモラは兵庫県明石市にあるスキューバダイビングの専門店!海の事なら何でもお任せ下さい!

電話でのお問い合わせはTEL.078-926-1899

〒673-0012 兵庫県明石市和坂12−3−1

2020年1月ツアー報告tourlog

2020年1月のツアー報告です。

1月23〜26日 久米島ツアー

リゾート遠征ツアーで久米島に行ってきました!!
アニラオツアーを予定しておりましたが、ツアー開催一週間前に、まさかの火山噴火!!
一旦は落ち着いたものの、近々また噴火があるかもとの情報もあり、ご参加の皆さまと相談の結果、アニラオ行きをキャンセルすることとなりました。しかしありがたいことに、「どこか別の場所へ行けるなら行きたい!」とのリクエストを頂き、急遽、沖縄の離島・久米島へ行くことに!!
直前にドタバタのツアー先変更となってしまいましたが、皆さまのご協力のお陰で無事に4日間のツアーを開催できることとなりました!本当にありがとうございます!

23日(木曜)は、移動日。朝はいつもより少しゆっくりめのスタート。関西国際空港にチェックインし、空港でランチ&まったりティータイム。その後、昼過ぎの便でまずは沖縄・那覇空港へ。そこから小型機へ乗り換え、久米島へ〜!!小さい飛行機での着陸は、なかなかの迫力でしたねえ(笑)
久米島へ到着する頃には、辺りは真っ暗になっていました。車でホテルへと移動し、荷物を置いたら、お店が開いているうちに夕食を食べに出発。
沖縄料理の居酒屋さん、店内には有名人のサイン色紙がずらり。お料理はどれも本当に美味しくて、ボリューム満点♪大満足の夕食でしたね!!
食後は商店へ買い出しに行き、プラプラと散歩。建物がほとんどない夜の久米島は、真っ暗!でも、だからこそ都会では見られない満点の星に、感激でした〜。さあ、明日からはいよいよダイビングです!

25日(金曜)は、早起きしてホテルで朝食を取り、ダイビングサービスへ向けて出発!
朝からよく晴れて風もなく、まるで夏のような気候に!数日前はかなり冷え込んだり海も荒れたりしていたのですが・・・実は今回の久米島ツアーは最高のタイミングだったのです。
ポイントの説明を受けたら、港へ移動し、ボートに乗船。まずは肩慣らし&チェックダイブで【ウーマガイ】というまったりポイントへエントリーです。
海は1月の久米島とは思えない超べた凪!とーっても穏やかでした!ポイントへ到着すると、波一つない水面からは水底までくっきり見えていました。皆さん、エントリーする前からテンション上がる上がる!キレイな海に感動の、記念すべき久米島初ダイブとなりました。
港で少し休憩し、2本目は久米島一番のダイナミックポイント【トンバラ】へ。
タイミングによっては激流ともなる大物ポイントですが、この日は本当に穏やかで、奇跡的に流れもなし!ミラクル!!

まずは、深場にカスミアジの群れを発見!更に大きなホワイトチップリーフシャークも!!体は巨大でもとても臆病なサメなので、あっという間に逃げて行っちゃいました・・・。
穏やかだったので、ダイビング後半はちょっとだけマクロも楽しみます。着底して、話題のガイコツパンダホヤをがっつり撮影。大物だけでなく、ナンヨウハギやモンガラカワハギ、ハタタテハゼ等、和歌山で個体数の少ない生物もたくさん泳いでいて、新鮮なダイビングでしたね。
このダイビングでは、ご参加のMさんが400ダイブを達成されました!アニラオは本当に残念でしたけど、無事にリゾートでお祝いできて良かった!おめでとうございまーす!!
2ダイブ後、施設へ戻ってお弁当を食べ、午後からもう1ダイブ。ポイントは久米島で比較的新しいポイント【マンタステーション】です。まだマンタに出会ったことがない、という方も、期待を込めてエントリー!

クリーニングステーションとなっている根へ向かうと・・・いました、マンタ!!
根の上で気持ちよさそうに体をクリーニングされていました。その雄大な姿に、皆さん感動〜。
期待に応えるように、マンタも大人しくその場で何度も旋回してくれました。
じっくりたっぷりマンタを見られて、本当に良かったですね。3ボート、お疲れさまでした!
ダイビング終了後はホテルへと戻り、夕食にお出かけ。
この日は、沖縄そばとジューシーが美味しいと話題のお店へ。太めのソバの上にのっているソーキはしっかりと味が染みていて柔らかくて、絶品!じゅーしーも、とっても美味しかったですね。
帰り道はブルーシールのアイスクリームを買って食べ、ホテルの庭でビールを片手に星空撮影会。
まったりとした島の夜を過ごしました。

25日(土曜)も、朝から快晴!今回のツアーは、お天気のタイミングも本当にバッチリでした。
2日目ともなると、ベテランダイバーの皆さんは準備も手際よく。定刻通り、ボートは出港です。
前日に比べるとやや風が出て、水面は少し波が。前線が近づいてきており、海中にはうねりも届いていました。1本目のポイントは昨日と同じ【ウーマガイ】です。
うねりが入ったものの、いい潮も入り、水温がUP!!海も、前日より青みが増しましたね!
最高のコンディションの中、ダイビングをスタートすると・・・目の前に現れたのは、ウミガメ〜!!
ちょうど息継ぎに水面に向かうところでした〜。

根の周辺のハナゴイの群れは華やか。キンギョハナダイも群れ群れで、リゾート感たっぷり。
大きめのサバヒーが浅場を通過し、エギジット間際には遠めにナポレオンフィッシュも発見!!
久米島らしい、ダイナミックな生物が次々登場してくれました〜。
このダイビングで記念ダイブを迎えたのは・・・300ダイブのHさん、700ダイブのTさん!
お2人ともこの日の為に、年末からすごい勢いで頑張って下さいました。おめでとうございまーす!
港で休憩し、2本目は【イマズニ】。ギンガメアジの群れを狙えるという事で、またまたワクワクの皆さん。しかし前日のマンタもそうですが、遭遇確率は50%前後。微妙といえば微妙な数字ですが、きっと!!というわけで、張り切ってエントリーです。

緩やかな流れの中を期待を込めて泳いでいくと、まず現れたのは大きなアカククリの成魚。
かなり年老いているようで、体がボロボロになってきていました・・・。
更にさらに泳いでいくと、中層に真っ黒な塊が。・・・ギンガメアジの群れだーーーーーー!!!!
群れによってはすぐに逃げて行ってしまうこともあるのですが、イマズニのギンガメたちは警戒心が薄く、ゆっくりと近づくとその場にとどまって写真を撮らせてくれます。
初めて見るギンガメの群れに、皆さん大興奮で写真を撮りまくり。探し始めてわずかな時間でのギンガメ遭遇、ほんと、今回の久米島ダイビングはかなり幸運っぷりを発揮しているチーム・モラモラです!

昼食後は、いよいよ久米島ラストダイブ。あぁ、名残り惜しい・・・。
最終ダイブは我々のリクエストに応えていただき、マクロ攻め!ポイントは【フィッシャーマンズコーナー】です。水深浅めのポイントにうねりが届き、体は右へ左へゆ〜らゆら(笑)
しかし、そんな中でも出会いたかったのが・・・モンツキカエルウオ!!!!
いますいます、大小のモンツキカエルウオがあっちにもこっちにも。久々のマクロに、テンションが上がる皆さん。撮影を邪魔するように揺れる水中・・・。中々思うように撮影できず、なんか笑っちゃいましたねえ(笑)しかしながら、こんなダイビングも楽しいものです。がっつり一時間水中撮影を楽しみ、このダイビングではIさんが222ダイブを達成!この日の為に200ダイブをスルーし、222ダイブまで頑張って頂きました。おめでとうございまーす!

そして、エギジット間際、最後は水中でみんなで手を繋ぎ・・・久米島の海を楽しませてくれたガイドさんに、大きく一礼!!!!これには、ガイドさんも感動し、水中で号泣!(笑)
急なお願いにも関わらず快く受け入れて下さり、リクエストにも応えて頂き、感謝感謝☆でしたね!
これにて久米島6ダイブ、終了です!見たかった生物ほぼすべてコンプリートでき、大満足〜!!
楽しかったなぁ〜。
ダイビング終了後はホテルに戻って器材を洗って乾かし、ログ付け。
それから、久米島最後の夕食会場へ♪島の人気店で、沖縄料理をいただきま〜す。
美味しいご飯と、楽しかったダイビングの話題で盛り上がる中、記念ダイブを迎えた皆さんにモラモラからのサプライズケーキをプレゼント☆これには、皆さんも感動&号泣!?笑

Cカード取得の頃からステップアップ、そしてたくさんのファンダイブをご一緒させて頂きました。
中にはスタートからこの日までのダイビング全てをご一緒させて頂いた方もいらっしゃって、一緒に楽しんだり苦労した思い出も蘇り、スタッフも感動〜。本当におめでとうございます!!これからも一緒に楽しく潜って頂けたら嬉しいです♪
居酒屋で盛り上がった後はホテルへ戻り・・・元気な男性たちは、ラウンジで集まって二次会。
話しても話しても尽きないダイビングの話題。楽しく潜って、ダイビングの後もその話題で盛り上がって・・・。お泊りツアーは、これが楽しいですよねえ。夜遅くまで盛り上がりました。

26日(日曜)、久米島ツアー最終日。少しゆっくり朝食をとり、まずはホテルをチェックアウト。時間ギリギリまで遊ぼうと、空港で荷物を預け、飛行機の時間まで・・・観光だ〜〜!!!
降水確率80%にも関わらず、中々降らない雨。曇りでしたが、それでもしっかり観光はできました。
まずは絶品フローズンパインジュースを求めてパイン園へ。これが、冷たくてさっぱり、とっても美味しかった〜。
そのあとは、道中で見かけた久米島の絶景ポイントへ。久米島の海が一望でき、昨日まで潜っていたポイントも見えていましたね。
この場所で売られていたのがなんと100円の沖縄そば!安!!昼食前でしたが、あまりの激安に思わず購入(笑)100円とは思えない美味しさでした。

それから、県指定の天然記念物でもある【畳石】へ。海を目の前にすると、まだまだ潜りたくなっちゃいますねえ〜・・・。しかし、この日からは前線の影響で久米島の海は時化。沖の方は白波がたっていました。本当に、絶好のタイミングで潜ることができたんですねえ。
ウミガメ館をぐるっと回り、時間が迫ってきたので、久米島の人気店でランチタイム。最後の沖縄料理を楽しみ、空港へ。久米島を後にしました。

ご参加の皆さま、今回はアニラオが中止になったにも関わらず、急なツアー先変更にも快く承諾頂き、本当にありがとうございました。お陰様で、気候も海況も最高のタイミングで、最高のコンディションの久米島の海を楽しむことができました。
あまりにも楽しすぎたので、久米島ツアー、第二弾も開催されそうです。どうぞご期待下さい!
4日間、お疲れさまでした&ありがとうございました!!

  • ポイント:24日@ウーマガイAトンバラBマンタステーション 25日@ウーマガイAイマズニBフィッシャーマンズコーナー
  • お天気:晴れ 気温:24〜25度 水温:21〜23度 透明度:15〜25m

1月19日 白浜ツアー

アドバンスコース&オープンウォーターダイバーコース&ファンダイビングで、白浜に行ってきました!前日の白浜は北風がビュービューで荒れておりましたが、翌日のこの日は風も収まり、徐々に海は落ち着き、お昼からは、べた凪に〜。
穏やかなダイビング日和となりました。3チームで賑やかに潜ってきましたよ〜。

オープンウォーターダイバーコースは、限定水域講習。マンツーマンでゆっくりペースで、スキル練習。
アドバンスコースのお2人は、少しお久しぶりのダイビングなので、午前中はビーチでゆっくりとリフレッシュ。上から見ているだけでも、水がキレイなのが分かりました♪
ビーチ貸し切りで、じっくり潜ります!顔をつけてみると・・・水がとってもキレイ!!
水中どこまでも見渡せました〜。水温は急に2℃ほど下がって16〜17℃になっていました。
最初は久しぶりのドライスーツに戸惑ったお2人でしたが、少しづつ感覚を取り戻していったご様子。
「キレイ〜!!」と、初めて潜る白浜の海に、感動でしたね。

ファンダイブチームはボートで【沈船】へ。沈船へ向かう途中、ボートのすぐ横で大きな黒い影がジャンプ!い、イルカだ〜〜〜!!船長が旋回してくれ、水面を見ていると・・・・今度は2匹のイルカが大きくジャンプ!ラッキーな初潜りになりましたね♪
こちらも、透明度は抜群!!水面から、水底の沈船がはっきりと見渡せました。1月は、全長約30mの沈船に「謹賀新年」の巨大垂れ幕が登場しています。
大きな沈船には、かわいいカエルアンコウ。ずっと前からいるイロカエルアンコウの子供と、白いイロカエルアンコウ幼魚は健在でした。ウミウシもまだまだいっぱい!
大きなブリもまだ数匹でグルグル回っており、群れは沈船の中へ逃げ込んで、船室は群れがぐっちゃりになっていました(笑)

2本目は、アドバンスコースのお2人も一緒に、9名でボートダイビング!ポイントは【エドセ】へ。
この頃には波もすっかり落ち、海はいい凪でした。少し浮遊物はありますが、こちらも透明度良好。エドセにあり大きなアーチが、向こう側までくっきりと見渡せました!
アーチ周辺のカゴカキダイは、まだ群れています。アーチの中には、ミドリリュウグウウミウシにサガミリュウグウウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、アラリウミウシにキカモヨウウミウシと、ウミウシ色々。
のんびりと、楽しいダイビングでした。
お疲れさまでした!!

ご参加の皆さま、ありがとうございました!!
真冬にも関わらず北風も収まり、海もきれいでイルカも見れて・・・楽しい海でしたね。
また次のダイビングも宜しくお願いしま〜す♪

  • ポイント:@沈船Aエドセ @シーマンズ前ビーチ
  • お天気:晴れ 気温:11度 水温:17度 透明度:15〜20m

1月14日 紀伊大島ツアー

リクエストで開催!平日・紀伊大島ツアーに行ってきました!!
海外遠征の前にどうしても!とのアツいリクエストを頂き、年明けに急遽開催が決定。
定休日を利用して紀伊大島に来ると・・・な、なんと、我々だけの完全貸し切りでしたー!!
お天気もよく、穏やかな1日。早速、ダイビングスタートです!

施設貸し切り、当然、送迎の車も海も、あれもこれも全て貸し切りです。なんという贅沢!
しかも、内浦ビーチは湖のような穏やかさ。透明度もよく、最高のコンディションでした。
まずは、深場の砂地へ。
深場へ向かう途中も、中層にはアジの群れがいっぱい!敷石エリアだけに収まりきらず、エントリー口まで溢れてしまっています(笑)すぐに群れに突撃したい気持ちをぐっと堪えて、砂地へ向かいました。
途中、砂地にぽつんとミドリリュウグウウミウシ。そして、瓶や掃除機のホースにスナダコが数個体。
イソギンチャクにはオドリカクレエビ。じっくり写真を撮って、イロカエルアンコウのところへ向かう途中、大きめのハナイカに遭遇!前回見た個体とは、別のコでしたね〜。
オレンジのイロカエルアンコウは、少し大きくなっています!とっても元気で、籠の外に出たり中に入ったり・・・・。なかなか、写真に撮らせてくれませんでした。。。

最後は、浅場の群れ!!これが、すごいんです!!
水中が真っ暗になってしまうほどの魚群は、中層を完全に埋め尽くし、大迫力!
更に、肉厚のブリが30匹ほどの群れになって回遊しており、アジは逃げようと右往左往。
目では追いきれないほどのスピードで泳ぎ回るので、目が回りそーーーう!
いや、凄かったー!!大興奮の1ダイブでした♪
少し休憩し、午前中にもう1ダイブ。次はコースを変えて、数日前にホソフウライウオがいたという場所に向かったのですが・・・。これは、残念ながら姿なし。ホソフウライウオを捜索中、周囲をうろうろしていたのはマトウダイ。かなり数が増えております。好奇心が旺盛なのか?ダイバーの後をずっとついてくるコもいました。
そして、相変わらずエビカニ祭りの内浦ビーチ!深場から浅場まで、たくさんの種類の甲殻類を見ることができました。フォト練習には最適の環境ですねえ♪

お昼休憩後は、内浦ビーチにもう1本!砂地には、クロイシモチの黄色個体が瓶に入っていい被写体になっています。和歌山他エリアに比べると圧倒的に数は少ないですが、ウミウシもちらほら見られましたね。ベンケイハゼは、あちこちの岩陰で確認できます。ダイバーが少ないせいか、エントリー口周辺もツノダシにアオブダイ、アカヒメジの群れにタカベの群れ、レンテンヤッコにチョウチョウウオと・・・お魚が群れていて、終始賑やかでした。
たっぷりじっくりの3ダイブでしたね〜、貸し切り最高〜!!

Mさん、Hさん、本日はリクエスト&ご参加ありがとうございました!!
お2人のおかげで、ベストシーズンの内浦ビーチを貸し切りで贅沢に潜れました。感謝!
次の紀伊大島ツアーでは、内浦ビーチでナイトダイビングも開催しまーす!

  • ポイント:@AB内浦ビーチ
  • お天気:晴れ 気温:11度 水温:18〜19度 透明度:12〜15m

1月11日 日和佐ツアー

新年初潜りで徳島県のダイビングスポット・日和佐に行ってきました!!
2020年がスタート!記念すべき新年第一回目のツアーにお集まりくださったのは・・・偶然ですが、男性ばかり(笑)男祭りで盛り上がってきましたよ〜!!
三連休初日のこの日はお天気よく、海も穏やか。ダイビング日和となりました〜♪

器材を準備し、まずはモラモラチーム貸し切りで出港!ポイントは【大磯】です。
前日、白浜は透明度が2mという情報もあり、ドキドキでしたが・・・エントリーして安堵しました!10mくらいは見えていますね。水温も19℃と、例年より高めでした。
まずは大磯の水深30mへ。前回来た時はマツカサウオがたくさんいましたが、今回は、1匹のみ発見。深場はイサキの群れやネンブツダイの群れで賑わっていました!
更に、浅いところからシャワーのように降り注いできたのは、ムレハタテダイの群れ!根の浅場にあるイソギンチャクにはミツボシクロスズメダイがいっぱいで、クマノミの姿もちらほら。日和佐オープン当初は、日和佐の海にはクマノミがいない?と言われていたのですが・・・(笑)
なんだか、今までとちょっと違う雰囲気でしたよ。

2本目は【杓子】へ。この日は、もうすぐお誕生日のYさんのバースデイダイブということで、みんなでお祝いさせて頂きました。お誕生日、おめでとうございまーす!今年もいっぱい潜って楽しみましょう♪
さて、この【杓子】、小さなアーチがいくつかあって、地形が面白いのですが・・被写体も充実してました!ウミウシはキカモヨウウミウシにシラユキウミウシ、イボウミウシも色々。イセエビにクリアクリーナーシュリンプにイソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビと、エビ祭り。
更に、モンガラカワハギにルリハタと、日和佐では見かけたことがなかった魚たちも!タテジマキンチャクダイ幼魚は2個体確認でき、生物観察もとっても楽しかったです。タカベの群れにイサキの群れもグルグル回っていましたよ〜!面白かったー♪
さて、午前中2ダイブを楽しみ、お昼ご飯&イセエビタイム!この日はお年玉で、イセエビの丸焼き付きでーす!豪快に網の上で丸焼きにし・・・ワイルドに頂きました!これで、今年も元気で楽しく過ごせそう♪

お腹がいっぱいになったら、いよいよラストダイブ。3本目は、日和佐NO.1の地形スポット【恵比須洞】へ潜りまーす!冬場になると海況が安定する恵比須洞は、ボートが入っていけるほどの巨大な洞窟。ポイントに近づいたら全員で器材を装着し、全員の準備が完了したら一斉にエントリーします。
ボートの上から見てもかなり大きな洞窟であることは分かりますが、水面から見上げると、さらに迫力が増しますよねえ〜!水中にも、アーチ状になっていたり水路になっている場所があり、とにかく地形が面白い。洞窟の奥では水面に浮上して遊んだりもしました。
ダイビング後半は、洞窟の入り口付近でウミウシ探し。今年は、ちょっと少ない印象ですが、それでも10種類くらいは見ることができました。3ボート、お疲れさまでした!
皆さん、久しぶりのダイビングはとっても楽しかったようで「あー終わっちゃった〜」「面白かったわぁー」と、興奮気味でしたね。今年もいっぱい潜りましょう♪

ダイビング後は、まだまだお楽しみが。帰りに、おいし〜いご飯屋さんへ行ってきました。
メインのお料理もご飯も、お味噌汁も・・・・ほんと、ここの定食は何を食べても最高に美味しいですね!!大満足の夕食になりました〜!!
ご参加の皆さま、ありがとうございました!!今年もよろしくお願いしまーす!

  • ポイント:@大磯A杓子B恵比須洞
  • お天気:晴れ 気温:12度 水温:18〜19度 透明度:8〜10m

shop info店舗情報

ダイビングショップ モラモラ

〒673-0012
兵庫県明石市和坂12−3−1
TEL.078-926-1899
FAX.078-926-1899