○○クリニック 本文へジャンプ
2019年3月のツアー報告

3月17日 紀伊大島ツアー
【ポイント:@AB内浦ビーチ】
【お天気:曇りのち晴れ】  【気温:13度】  【水温:17〜18度】  【透明度:3〜10m】

紀伊大島に行って来ました!!
冬季限定ポイント・内浦ビーチがいよいよ3月で今季クローズ!ということで、最後に潜り納めに行って来ました!最後の内浦ビーチを潜ろう!と、たくさんの方にお集まり頂きましてありがとうございます。
前日から荒れ気味の海況となった和歌山ですが、内浦ビーチは問題なく潜ることが出来ました。
早速、2チームに分かれてダイビングスタートです!
強い風により、水面は波がでてパシャパシャ。ただ、潜ってしまえば穏やかでした。
春だからなのかここ数日荒れていたからなのか、透視度はスッキリしない感じ。
そして、出物の少なさは相変わらずなのですが・・・それでもやっぱり内浦ビーチは面白かった!!
砂地には新しく登場したタツノイトコ!白い砂地に黄色いボディがとても写真映えする〜♪
あまりカメラを嫌がらないいいコでした。
深場にはスナダコやちょっと珍しいハスエラタテジマウミウシも発見!
敷石エリアにはアジの群れ、そしてムツの群れ!それを必死に追いかけるマトウダイの姿も面白かったですね。楽しかったー!
少し休憩し、2本目も内浦ビーチへ!
1本目とはコースを変えて潜ります。深場の砂地にはキレイなミスガイがお散歩中♪
今年は和歌山各地でよく見るミスガイですが、内浦ビーチは特に多いみたいですね(笑)
そして、ウミウシも例年より多いイメージです。ミドリリュウグウウミウシやサガミリュウグウウミウシ、イシガキリュウグウウミウシ。中層を漂うヒロウミウシ。
大きなカスザメも泳いでいました〜!夢中で潜って、あっという間に50分。楽しかった!
ダイビングを楽しんでいる間も、風は吹き続け、晴れたり曇ったりスコールのように雨がザーッと降ってまたあがったりと、せわしないお天気でした。
さて、この日は最後の内浦ということでもちろん?!3ダイブ!!
この頃になると風も収まり始め、海は落ち着いてきていました。
最後は、水深浅めでのんびり潜ります。
まだまだエビカニもたくさん見られている内浦ビーチ。イソギンチャクモエビやアカホシカクレエビ、イソギンチャクエビにコマチガニと色々写真に撮って遊びました。
岩場では、ヒョウモンダコも!別の場所でもう2個体いましたよ〜!
ラストダイブもウミウシ多めで、一時間近く潜りました(笑)
お疲れ様でした!!
ご参加の皆様、ありがとうございました!
内浦ビーチを潜る紀伊大島ツアーは、これにて今季最後となります。
次オープンは10月を予定しております。来季もどうぞお楽しみに〜!!

3月12日 日和佐調査ダイブ
【ポイント:@瓦漁礁A瓦漁礁(ナイト)】
【お天気:晴れ】  【気温:16〜20度】  【水温:16〜17度】  【透明度:0〜8m】

調査ダイブで日和佐に行って来ました!!
ツアーではありません(笑)定休日を利用して、スタッフだけのダイビング。
四国は徳島県のダイビングスポット・日和佐の海で、この春からナイトダイビングが解禁になる!ということで、視察に行って来ましたよ〜。
前日の大荒れからなんとか海況が回復してのダイビング。いつもより遅めに西明石を出発しました。
日和佐へ向かう途中に立寄ったのは、以前からずっと気になっていた徳島の有名ラーメン店。「並んででも食べたいお店」ということで、初トライです。
さすがの人気店、まだお昼前だというのに、すでに行列が出来ていました。来店は途切れず、店内は常に満席状態。初めて食べたラーメンのお味は・・・確かに、かなり美味しい!!
なんだかすごくクセになりそうなお味です。しかも、お値段が安い。これは近くにあったら絶対通ってしまいますねえww
お腹いっぱいになって、日和佐へ。道中はかなり暑くて、車の窓は全開でした。もう春ですね。
予定通り、昼過ぎに日和佐へと到着です。早速、ダイビング開始!
ナイトで潜るポイントを、明るいうちに一度、潜っておきます!「瓦漁礁」というポイントで、この時期はタカアシガニの目撃情報も多いところ!
前日まで荒れていたので透明度はダウンして5〜8mほどでしたが、水温は17℃近く。キレイな砂地に細長い根が横たわる地形で、根の壁にはウミウシがいっぱい。また、深度が深いのでムチカラマツが多く、あちこちにビシャモンエビやムチカラマツエビが!根と根の間にある水路にはキンメモドキが群れており、水深が深い場所にはサクラダイの幼魚もたくさんいました。視界がすっきりしない中でしたが、マクロだけでも充分すぎるくらい楽しいポイントです!ただ、アベレージ深度が深く、ちょっと時間がー。。という感じですね〜。
1ダイブを終え、ナイトダイビングまでの時間を利用して、今度は日和佐で美味しいと有名な料理屋さんへ調査(笑)に行って来ました!
このお店が、期待以上の美味しさでちょっとびっくり!!メニューも多く、新鮮なお魚料理や阿波尾鷄の料理が充実していて、何を食べるかもかなり迷ってしまいます。このお店は、かなりイイ!
営業時間が限られていますが、3ボートした後にはちょうどいいお店だと思います!
大ヒットでしたー♪
早めの夕食の後は、いよいよ日和佐で初のボートナイトダイビングへ!日中のダイビングでノンストップリミット時間がギリギリだったので、ナイトダイビングはエンリッチドエアーで潜ることにしました。酸素濃度32%のシリンダーをセッティングし、コンピューターも設定。準備は万端です。
19時前に出航すると、辺りはすっかり暗くなっていました。ワクワクする―!
昼間も潜った「瓦漁礁」へ、再度エントリー!暗くなった水中では、昼間に見かけなかった生き物たちがたくさん。イセエビやヒメセミエビが根の壁を走り回り、モクズショイも登場。サクラミノウミウシがあちこちに出てきて、ヤドカリもそこらじゅうに。タカアシガニは残念ながらGETできませんでしたが、途中からはそれも忘れて楽しんでしまいました(笑)エンリッチのおかげで、時間を気にすることなく潜ることが出来ました。このポイントはエンリッチを使った方がいいですねえ。
そして、ダイビングの後半。安全停止の為に浮上すると、水深5m付近は、ブルー一色に染まっていました!ナイトダイビング用に沈めたライトにより、周辺の海が青く照らし出され、その光に小魚の群れが集まって来ていたのです。なんとも幻想的な光景に、感動〜!
今まで経験したことがないような不思議なその光景に魅せられて、いつもよりながーーーめの安全停止になっちゃいました。日和佐のナイトダイビング、かなり面白いです!
これは3月の白浜ライトアップナイト、そして4月に開催の日和佐ナイトボートダイビングがとても楽しみになりました!
日和佐ナイトツアーはゴールデンウィーク、4月28日に開催が決定しております。
皆様、ぜひお待ちしておりまーす!

3月10日 みなべツアー
【ポイント:@ショウガセAみなべだし】
【お天気:くもりのち雨】  【気温:11度】  【水温:16〜17度】  【透明度:5〜10m】

16周年記念感謝ツアー第一弾!みなべマグロ祭りツアーに行って来ました!
前日の予報では、日曜日は次第に春の嵐に・・・とのことでしたが、午前中は問題なくボートが出航できそう!という連絡を受け、ツアーは開催決定。前日に急遽、体調不良でお一人参加できなくなってしまうハプニングがありつつも。。予定通り、みなべへ出発しました。
雨予報でしたが、みなべに来てみると曇り空でまだ海も落ち着いていました。
嵐がくる前に、ダイビングスタートです。
予報よりも海が穏やかだったので、1本目は沖のポイント【ショウガセ】へ。早朝はかなり透明度が良かったようですが、やはり少しづつウネリが入ってきているのか?浅場は白っぽくなっていました。深く潜れば10mほどは見えています。ショウガセの根の周りには、キンギョハナダイやコガネスズメダイの群れがぐっちゃり。その中に、キレイなフタイロハナゴイが混じっていました〜。まだまだウミウシも多く、マクロも楽しい。穏やかな水中で、のんびり潜りました。
少し休憩し、午前中のうちにもう1ボート。まだウネリも弱かったので、2本目も沖へボートを走らせました。ポイントは【南部だし】へです。こちらは浅場に緩いウネリが入り、1本目よりも透明度がダウン。5mほどの視界でした。
南部だしの水路には、キンメモドキやハタンポが賑やかに群れています。水路を抜けて小さなアーチをくぐり、水底を見てみると・・タンポポケヤリが一面に咲いていましたー!
水中で見ると茶色く見えるのですが、ライトで照らすとなんともいえないキレイなカラーが浮き上がってきます。写真の被写体としても人気のタンポポケヤリですが、水温が上がってくると枯れてしまうので、今がまさに見頃。とてもきれいでしたね。
ダイビング後半は小さなウミウシをじっくり観察しながらまったり潜り、2ボートダイビングは予定通り終了しました。お疲れ様でした〜!
さて、この日はここからがメインイベント?!豪華☆マグロの食べ放題ランチでーーす!!
新鮮なマグロをお造りやにぎり、鉄火巻き、ネギトロ、あら汁、山かけ丼でお腹いっぱい頂きます。
どれも、本当に美味しい!これでもかというくらいマグロ料理を堪能し、大満足♪
みなべは本当にゴハンが美味しいですね。
ご参加の皆様、ありがとうございました。マグロ、本当に美味しかったですね!
次回のみなべグルメイベントは4月の鯛祭り!!ご参加お待ちしておりまーす!